タイでの生活に欠かせない知識、日本からの旅行者向け電圧対策

タイを始めとして、日本国外の電気事情は国内とは大きく違い、電圧も全く異なる。そのため日本で購入した電化製品等をタイで利用するためには変圧用コンバーターやタイで利用可能な電源プラグを利用しなければならない。

タイの電圧は200V、周波数は50HZとなっている。一方日本は100V、周波数は東日本で50HZ、西日本で60HZとなっているため、タイの電圧は日本よりも相当高いことがわかる。これは他の国においても同様で、ほとんどの国で日本より高い電圧が使用されている。旅行の際の使用頻度が高いデジカメは電圧が異なっても世界共通で充電が可能な仕様になっているものがほとんどであるため問題はないが、携帯電話やノートパソコンの場合ユニバーサル仕様の充電器やリチャージユニットの電圧が100~220Vまたは100~240Vのものか確かめておく必要がある。電源プラグは日本と同様のA型タイプのほか、2つ穴、3つ穴といった別タイプのものもあり、状況に応じて使用可能な電源プラグを用意しておくべきだが、一般的なホテルでは日本の電化製品の利用が可能なようにA型プラグが使える状態となっている。そうではないアパートやバジェットホテルなどを利用する場合は変圧器を購入し、コンセントに対応するソケットを準備しておく必要がある。

もう一つの問題として、タイでは電圧が一定しておらず、また雨や雷によって停電することも多くある。このため停電した際の対応としてバッテリーの状態には気をつけておく必要がある。基本的には100~240Vの製品または海外仕様可能とされる製品を利用することが観光客にとっては望ましい。