タイに移住するにはどうすればよいか?生活まわりのこと、VISAのこと

タイは物価が安定しており、また経済成長率も堅調であるため日本から移住して生活する上で良い状況であるといえる。

タイに移住するために必要となるのがビザの取得である。観光目的であれば陸路の場合最大15日間、空路の場合は30日間ビザ無しで滞在できるが、移住を希望する場合別途ビザの取得が必要となる。観光以外の目的での滞在の場合、まずはノンイミグラントビザが必要となり、申請料は6,000円で3ヶ月間(90日間)の滞在が可能となる。長期就労の場合もこのビザで一時滞在の許可を得てから、現地の移民局にて滞在ビザへの切り替えが可能となっている。定年退職後のシニア世代などの場合リタイアメントビザを取得することでロングステイが可能となっている。ただし取得には「50歳以上でタイ国内に80万バーツ以上の預金がある、または1ヶ月に65,000バーツ以上の年金収入がある、あるいは預金と年金の年間収入があわせて80万バーツ以上ある人」が対象となる。さらにビザとは別途90日毎に外国人居住登録の更新手続きが必要となる。

タイで人気の高い物件はコンドミニアムとよばれる家具・電化製品などが備え付けになっている長期滞在型マンションだ。価格相場は地域や交通アクセスなどによって様々だが、人気が集中しているのは約500万~3,000万円(143万~862万バーツ)となっている。家賃相場は2万~3万円となっている。なおタイの平均所得(2012年度)は月7,267バーツ(約25,000円)、富裕層が30,680バーツ(約105,000円)となっている。日本人労働者の場合営業職で4万~7万バーツ(10万~19万円)、管理職で6万~12万バーツ(16万円~27万円)、コールスタッフで約3万5千バーツ(9万5千円)となっている。