タイ転職で欠かせない日系企業研究、タイにある日本企業はどんな業界が多い?

タイに進出している日本企業も多く、その数は3,133社(2011年帝国データバンク調べ)となっており、特に製造業では1,735社がタイに進出している。主に自動車関連・機械工具関連・電気事業関連業界など日系製造業の直接投資が高い水準を記録しており、主な企業としては株式会社フジクラ(電線等製造)、日本電産株式会社(モーター製造)、株式会社マキタ(電動工具糖製造)などがあげられる。一方食品業界の進出がこれまで少なかったのに対し、近年タイ食品業界への参入が盛んになっている。三菱商事はタイ・ユニオン・フローズン社との共同経営を発表し、世界的な食品需要量増加を目指した活動を行うと発表。一方三井物産・三井製糖はタイで製糖事業を営むコンブリ社に出資、タイでの生産に必要な資本・設備の投資を行なっている。このように日本の貿易会社や商社がタイでの食品および公益事業や運送業への投資を強めている。

その他サービス業などでも進出し、タイでのビジネスを確かなものとしている企業も多くある。語学学校や人材派遣会社、IT関連企業なども進出している。この背景にタイでの国民生活の向上、流通・サービス業の活性化、製造業以外の生産拠点としての魅力が注目されているからだ。その背景にFacebookなどのソーシャルメディアや携帯電話の普及、ファッションなど文化の成熟化が影響している。

タイに進出している企業の年商規模は10億円以上100億円未満の企業が1,030社と最も多く、一方10億円未満の中小企業のうち25%が赤字決算となっている。今後もサプライチェーンとして、また他のEPA協定を結ぶアジア諸国とのハブ拠点としてタイに進出する日本企業は増えるものと予想される。